システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

COLUMN | コラム詳細

公開日 : 2018年10月15日
テーマ : 情シスコンサルタントの提言
第14話:情シス/IT部門にとってRPAがハンマーになっていないでしょうか?

● RPAコンサルの自信満々の提案
「RPAを導入することで、毎月XX人月を削減でき、年間XXX万円のコストを削減できます!」
 
とある情シス部長の依頼で、RPAベンダーの提案に同席させていただきました。
 
RPAコンサルは、綺麗な数字とグラフで自信満々に説明されています。
 
このベンダーを連れてきた情シスメンバーも、この場で承認を取りたい様子。疑いようのない効果に、もう部長から「OK」をもらうだけ…の雰囲気でした。
 
田村はたまらず「一度持ち帰って検討しましょう」
 
とその場を強制終了しました。
 
 
● 手に持っているものがハンマーなら全て釘に見える
RPAは流行っています。どこの現場に行っても、RPAの導入検討が行われています。
 
RPAはとても優れた商品です。かゆい所に手が届きます。田村も昔、マクロを大量に作っていたので、自動化ツールの恩恵は十分に理解しているつもりです。
 
ただ、強烈な副作用があります。何でしょうか?
 
「臭いものに蓋をする」です。
 
例えば、RPAの得意技の1つに「転記」があります。
 
エクセルからシステムへの転記、システムからシステムへの転記、これらはRPAで自動化することができます。これにより、人間がやるよりも「早く、正確に、大量に」処理してくれます。
 
しかし、RPAの前提でいくと、「転記」そのものをなくす発想に繋がりません。
 
元凶のエクセルをなくす、転記自体をなくす、中間処理をなくす、マスターで一元管理する、イレギュラーを根絶する、など根本的・合理的な見直しをする機会が奪われます。
 
RPAのベンダーにとってみれば、転記などの中間処理は格好の獲物であり、残しておきたいのです。現場の非効率な作業を「現場の苦労を分かった風」に肯定し、誘導してきます。全体最適化され、業務フローがシンプルになると、仕事がなくなるからです。
 
情シスも「RPA導入ありき」で考えると危険です。
 
手に持っているものが「ハンマー」なら、飛び出ている物は全て「釘」に見えます。同様に、手に持っているものが「RPA」なら、現場の煩雑な作業は全て「適用対象」に見えてしまいます。
 
全体最適化をせずにRPAを入れると、複雑化した現場業務をそのままRPAで「固定化」してしまうということです。そこら中に「ブラックボックス」が公認された形で増殖されていきます。
 
RPAは部分最適化の道具であり、全体最適化の道具ではありません。RPAを検討するタイミングは、全体最適化が終わった後の「補助ツール」として検討するべきです。
 
 
● 情シスだからこそのRPAの扱い方
 
冒頭の現場は、あらためて業務プロセスを見直した結果、RPAは見送りとなりました。
 
<見直し結果>

  • エクセル台帳を廃止し、システムのマスターで一元管理
  • システム間の転記入力をやめて、システム連携で自動化
  • 過剰サービスをやめて、顧客に自社フォーマットへの入力をルール化
  •  
    ベンダーを連れてきた情シスメンバーも最初は落ち込んでいましたが、すぐに切り替わりました。
     
    業務改革の面白さに触れて、業務部門からの感謝が増えたからです。
     
    「情シスでこれをやりたかったんです」と嬉しそうにお話しされていました。
     
    情シスは、IT導入が役割なので、RPAを否定されると自身の存在を否定されたと感じるかもしれません。
     
    でも違います。
     
    情シスだからこそ、他の選択肢を幅広く提供できるのです。
     
    小手先の「改善」よりも根本的な「改革」の方が、業務部門にも経営層にも喜ばれます。
     
    改善はベンダーにもできますが、改革は情シスにしかできません。
     
    貴社の情シスは、RPAをハンマーのように握ってはいないでしょうか?
     
    *************
     
    ⇒ IT部門/情シスの育成・強化支援のご案内はこちら

    ★コラム更新情報をメールでお知らせします。ぜひこちらからご登録ください。
    情シスコンサルタント 田村昇平
    IT部門の育成・強化を専門とするコンサルタント。ITプロジェクトの企画から導入・保守までの全工程に精通し、そのノウハウを著書「システム発注から導入までを成功させる90の鉄則」(技術評論社)で公開している。

    page top