システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

COLUMN | コラム詳細

公開日 : 2020年2月19日
テーマ : 情シスコンサルタントの提言
第34話:パッケージの自由度のなさは本当にデメリットなのか?

● 現場のストレスはピーク
「パッケージは、かゆい所に全然手が届かなくて大変です」
 
PMOを務める情報システム部のAさんが、ため息交じりにお話しされました。

  • 今までのエクセルの方が早かった
  • 今まで出していた帳票が出せない
  • 今までやっていたチェックができない
  • 自由にデータ修正ができなくなった
  • いちいち申請承認が必要で面倒になった
  •  
    今まではスクラッチ開発したシステムを使っていました。ところが今回はパッケージシステムを導入します。
     
    システムの動きが全く異なるため、ユーザーはとにかくストレスを感じている様子。Aさんにその不満の矛先が向いているようです。
     
    「それは良かったですね~」
     
    田村は笑顔でお答えしました。
     
     
    ● パッケージの最も重要なメリット
    今一度、整理したいのですが、パッケージのメリットは何でしょうか?
     

  • 低コスト
  • 短納期
  •  
    はい、正解です。では、デメリットは何でしょうか?
     

  • システムの自由度/柔軟性がない
  •  
    はい、ここです。短絡的に考えるとその通りですが、本当にそれはデメリットなのでしょうか?
     
    当社では、以下のように考えています。
     
    パッケージの本当の魅力は、自由度/柔軟性がないこと。
     
    なぜでしょうか?
     
    外部からの大きな制約こそ、最も効果的な「標準化」に繋がるからです。
     
    社内だけで「標準化」を検討してみると分かります。中途半端で小手先の「標準化」しかできません。ユーザーは自分たちでリスクを負わず、安全で、実現容易な変更案しか出してきません。
     
    業務フローで言えば、枝葉の細かい部分だけです。
     
    ところが、パッケージは違います。
     
    業務フローの根幹を変える制約が押し付けられ、強烈なストレスが発生します。当然、ユーザーは猛反発しますが、そこはトップダウンで押し切る必要があります。
     
    そこで初めて、大きな「標準化」に向かうのです。
     
    自ら血を流して、痛みを伴いながら、大きな変革へと向かわざるを得なくなります
     
    良いパッケージには「他社のベストプラクティス」が詰まっています。その黒船で、「標準化」に向かって行くのです。
    (ただし、悪いパッケージを選んでしまうと、話が違ってきます。この辺りは次回のコラムで書きます。)
     
    裏を返せば、大幅なカスタマイズやスクラッチ開発を選択するということは、本当の意味での「標準化」を諦めること、とも言えます。
     
     
    ● 制約も使い方次第
    事業戦略として、その事業は独自性が強く、競争力の源泉であれば、スクラッチ開発で作り込むべきでしょう。もっと言えば、内製化して、柔軟性とスピードを確保できる体制を構築すべきです。
     
    一方で、属人化を解消し、業務の「標準化」を目指すのであれば、パッケージの「不自由さ」を利用すべきです。
     
    身内だけだと大きな変革は難しいですが、外圧にさらされることで、大きな変革も可能となります。
     
    貴社のIT部門/情報システム部門は、パッケージの「制約」をうまく活用できていますでしょうか?
     
     
    *************
     
    <関連コラム>
    第33話:なぜそのRFPはベンダー見積もりが10億円を超えてしまうのか?
     
    第29話:立派すぎるRFPが失敗する本当の原因とは?
     
    第22話:RFPの非機能要求は情シス/IT部門が合意に責任を持つ
     
    *************
     
    ⇒RFP作成支援サービスはこちら

    ★コラム更新情報をメールでお知らせします。ぜひこちらからご登録ください。
    情シスコンサルタント 田村昇平
    IT部門の育成・強化を専門とするコンサルタント。ITプロジェクトの企画から導入・保守までの全工程に精通し、そのノウハウを著書「システム発注から導入までを成功させる90の鉄則」(技術評論社)で公開している。

    page top