システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

COLUMN | コラム詳細

公開日 : 2019年5月15日
テーマ : 情シスコンサルタントの提言
第24話:IT部門/情シスは部外者だからこそ聖域に踏み込む

●現場職人の拒絶反応
「チームメンバー全員で話し合って、変革不要との結論になりました」
 
ある業務変革プロジェクトの検討会で、現場のキーパーソンAさんが静かに口を開きました。
 
前回までの検討会で多くの課題が挙がり、「変革は必須」と誰もが思っていたところ、まさかの「不要論」主張でした。
 
情シスメンバーは予想外の展開に顔を見合わせました。
 
よく見ると、Aさん以外の業務メンバーは、気まずそうに視線を落としています。
 
「前回までに多くの課題が出ましたが、それは解決しなくていいのですか?」
 
と聞くと、Aさんは急に怒り出しました。「変革できない理由」を強めの口調で説明されます。
 
Aさんの説明は誠意をもって聞きましたが、こちらも誠意をもって説明しました。
 
「働き方改革関連法で今までのように残業はできなくなります。そのために業務を標準化し、分業し、自動化しないといけません」
 
「働き方改革は、今期の事業計画の最優先事項です」
 
「まず今まで通りではいけないという点は、同意いただけますでしょうか?」
 
Aさんの上司でもある業務部長も出席していましたが、この様子を黙って見守っていました。
 
 
●部外者の情シスだからできること
実は、業務部長から「Aさんが変革のボトルネック」「Aさん以外は変革を望んでいる」というのは事前に伺っていました。
 
この状況で、情シスはどのように対応すれば良いのでしょうか?
 
本来であれば、この業務部長がAさんを含めて部内の統制をとればよいだけの話です。しかし、それが難しいから情シスに頼ってきていると考えられます。
 
今はAさんなくして現場は回らず、そのAさんの機嫌を損ねると、周囲にも悪影響が出てきます。連携が十分に行われず、Aさん待ちで残業する人も出てきます。
 
部長とAさんの関係が悪くなると、部全体の空気も悪くなってしまいます。
 
一方で情シスは、当然ながら部外者です。一時的に恨まれても困りません(あくまで一時的にですが)。
 
これは、情シスにとって「チャンス」と捉えるべきです。
 
普通の人には面倒くさいだけの話でも、情シスにはありがたい状況なのです。
 
一般的に、現場変革を行おうとすると「職人」の抵抗は避けられません。特に「非効率でアナログな作業を完璧にこなしている職人」は激しく抵抗してきます。
 
本人的には工夫を重ね、効率化し、芸術の域まで昇華させた自身の「聖域」を否定されるからです。
 
しかし、情シスにとっては「聖域」こそ、踏み込むべき領域。なぜなら、最も変革の効果が高いからです。
 
一時的に対立したとしても、恨まれたとしても、正しい方向に導き、最後は協力関係を築いていくことが求められます。
 
これは部外者ならではの役割とも言えます。これを「部の問題」「部長の責任」と線引きするようでは、情シスは下請けのままです。
 
 
●業務部長は最重要ターゲット
「あのように言ってくれて助かった」
 
会議が終わり、解散した後に業務部長から話しかけられました。自分では言いにくいことを代弁してくれた、とのこと。
 
情シスは、業務部長との信頼関係は重要です。
 
いくら現場と仲良くしても、業務部長の意向にそぐわなければ、プロジェクト自体が存続できません。
 
業務部長とは定期的に個別で話す場を持ち、意向をきちんと把握しておく必要があります。
 
こうした積み重ねが、将来のプロジェクトでも情シスが指名されることに繋がります。
 
貴社のIT部門/情報システム部門は、「聖域」に踏み込んでいますでしょうか?
そして、業務部長との信頼関係を構築できていますでしょうか?
 
 
*************
 
<関連コラム>
第19話:情シス/IT部門の役割を再設計できないと下請け部門になる?
 
第14話:情シス/IT部門にとってRPAがハンマーになっていないでしょうか?
 
第13話:情シス/IT部門がTo-Be検討で攻める役割とは?
 
*************
 
⇒ IT部門/情シスの育成・強化支援のご案内はこちら

★コラム更新情報をメールでお知らせします。ぜひこちらからご登録ください。
情シスコンサルタント 田村昇平
IT部門の育成・強化を専門とするコンサルタント。ITプロジェクトの企画から導入・保守までの全工程に精通し、そのノウハウを著書「システム発注から導入までを成功させる90の鉄則」(技術評論社)で公開している。

page top