システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

COLUMN | コラム詳細

公開日 : 2018年10月5日
テーマ : 情シスコンサルタントの提言
第13話:情シス/IT部門がTo-Be検討で攻める役割とは?

● 超上流工程の最初のハードル
「To-Beの検討は難しいですね」
 
ある業務部門のプロジェクトマネージャが、ため息交じりに話されました。
 
どのプロジェクトでも、As-Is(現状の姿)の整理までは、比較的スムーズに進みます。現行業務をそのまま「見える化」するだけなので、ヒアリングした分だけ成果物が出来ていきます。
 
一方で、To-Be(あるべき姿)は、変更コンセプトをまとめ、改革・改善アイディアの検討を積み重ね、それを形にしていくものです。
 
As-Isとは異なり、正解のない作業です。保守勢力の強い抵抗にあったり、部門間で意見が対立したり、そもそも今やるべきなのかと蒸し返されたり、様々な問題が発生します。
 
「あるべき姿」と言葉では簡単ですが、いざ実施してみると難しいものです。
 
このプロジェクトでも、To-Beで進捗が止まってしまったそうです。
 
「根本的な見直しができていないのではないか?」
「改善検討が不十分ではないか?」
 
このような不安がプロジェクトマネージャに襲い掛かります。
 
気になったので確認してみると「業務整理の段階なので、情シスはまだ呼んでいない」とのことでした。
 
 
● 情シスにとってディスカッションは武器となる
ベンダーを選定する前の「超上流工程」では、業務検討が大きな割合を占めます。
 
当然ながら業務部門が主役です。業務メンバーが、現場の課題やアイディアを出し、To-Beを考えていきます。
 
こうした業務領域の検討に、情シスはどう貢献していけば良いのでしょうか?
 
情シスは、前回コラムで書いたように、「ファシリテーション」するしかありません。その中でも、超上流工程に有効な方法があります。
 
「ディスカッションの主導」です。
 
情シスがディスカッションを主導し、業務部門はネタ出しに集中する。そうすれば、プロジェクトとして効果的な役割分担ができます。
 
また、それ以上に大きな意味として「初期に情シスがプロジェクトの主導権を握ることができる」ということです。
 
ディスカッションで重要なのは、幅広く、多くの意見を出してもらうことです。メンバーの発言力に関係なく、関係者から意見を引き出すことです。そこには、中立の立場である情シスが「うってつけ」です。
 
「何でもいいのでアイディアを出してください」では、なかなか出てきません。テーマが広すぎると答えにくいし、意見が発散しすぎて収集つかなくなります。そこでメンバーが意見を出しやすいように工夫していきます。
 
① ディスカッションのテーマを絞る
② 呼び水のキーワードを準備しておく
 
以下に例を挙げてみます。
 
———————–
【テーマ】業務の効率化
【説明】日々の業務でムダだと感じること、効率化したい作業、苦労が報われていない作業などを洗い出してください
【キーワード】転記、集計、帳票の統一、項目の見直し、エクセル管理、申請・承認、未使用機能の活用、シンプル化、属人化、報告するためだけの資料、そもそも論…
【記入欄】(1人につき3つ以上のアイディアを出してください)
———————–
 
この紙を参加者に配り、5分ほど時間を設けて書き込んでもらいます。そして順番に発表していき、情シスがプロジェクターに移しながらメモをとっていきます。
 
とりわけ田村は、キーワードの捻出を重視しています。ここにバリエーションを持たせることで、いろいろな角度から意見を引き出せるからです。
 
毎回、ディスカッションのテーマとキーワードを変えていけば、いくらでも応用が利きます。慣れれば、そこまで難しくありません。
 
この場でメモした内容を後日「施策一覧」のエクセルにまとめて、情シスが進捗管理をしていきます。こうすることで、プロジェクトは情シスを中心に動き始めていきます。
 
 
● できる情シスは超上流工程から攻める
プロジェクトは最初が肝心です。情シスが超上流工程からスタートダッシュできれば、その後が楽になります。
 
なにより、業務部門とのディスカッションは非常に楽しいです。現場の苦労を解決するためのアイディアを出したり、会社に大きく影響を及ぼす施策を検討したり、その場にいるだけで多くの刺激を受けます。
 
悩みを聞いたり、お互いの意見をぶつけ合ったりと、非常に人間臭く、だからこそ普通よりも強い人間関係を構築することもできます。
 
情シスは、To-Be検討から戦略的にポジショニングしていくべきです。その一つが「ディスカッションの主導」です。
 
それが「業務の下請け」から「業務のパートナー」への分岐点となります。
 
貴社の情シスは、超上流工程から踏み込んでいますか?
その時、ディスカッションの中心に情シスが座っていますでしょうか?
 
*************
 
⇒ IT部門/情シスの育成・強化支援のご案内はこちら

★コラム更新情報をメールでお知らせします。ぜひこちらからご登録ください。
情シスコンサルタント 田村昇平
IT部門の育成・強化を専門とするコンサルタント。ITプロジェクトの企画から導入・保守までの全工程に精通し、そのノウハウを著書「システム発注から導入までを成功させる90の鉄則」(技術評論社)で公開している。

page top