システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

COLUMN | コラム詳細

公開日 : 2018年9月4日
テーマ : 情シスコンサルタントの提言
第10話:情シス/IT部門が真に信頼されるために乗り越える一線とは?

● 情シス最大の試練
「どうせウチの業務は分からないですよね?」
 
たまに業務部門から言われる言葉です。この言葉は、情シスにとっては、ひどくショッキングな言葉です。情シスが気づかれないように隠していた部分に、グサっと刺さります。
 
情シスの方なら分かると思いますが、「業務」は非常に難しい。業務の全てを覚えることは不可能といえます。
 
業務メンバーの会話を聞いても、何を言っているのか、理解不能です。知らない単語だらけで、その単語が一般的な用語なのか、自社のローカル用語なのか、さっぱり分かりません。
 
あまりにも分からなさすぎて、笑いが出てきます(田村経験談)。
 
その後、一気に不安に襲われ、たじろいでしまいます。「この業務は自分には一生理解できない」と線引きしてしまうのです。
 
これが、業務部門と情シスの距離が離れてしまう原因です。
 
 
● 業務の一線を乗り越える覚悟
業務についていけない情シスには、決まり文句があります。
 
「ウチは業務内容は分からないので、きちんとシステム要求に落とし込んで説明してください」
 
情シスがこのように切り返したら、どうなるでしょうか?
 
・業務要求をシステム要求に変換する
・業務部門とITベンダーの橋渡しをする
 
これら情シスが本来求められている役割を、自ら放棄することになります。業務部門も「これならベンダーに直接話した方が早い」となります。
 
情シスが本当に業務部門から信頼を得るためには、「業務知識の習得」が避けて通れません。せっかくの「IT」や「システム」の知識も、「業務」と繋げられることができなければ、意味がありません。
 
誤解のないように補足すると、業務部門と「同等」の業務知識を身に着ける必要はありません。理想かもしれませんが、それは不可能です。業務チームと同等の年月をかけて実務を担当しないと、見に着くわけがありません。
 
しかし、そこで「線引き」をしないことです。
 
重要なのは、きちんと業務チームの相談を受け止め、傾聴し、一緒に解決していくという姿勢を打ち出すことです。
 
そして、業務チームの話の「要点」を理解するために、業務を勉強することです。業務チームの話を100%理解する必要はありませんが、システム要求に落とし込むためには、最低限の理解が必要となります。
 
今更言うまでもありませんが、情シスも忙しいし、暇ではありません。
 
しかし、忙しい中で、どれだけ業務を覚えることに時間を割けるか。他にやらないといけないタスクよりも優先順位を上げられるか。多くを犠牲にしてでも、業務に踏み込めるか。
 
その「覚悟」を乗り越えた情シスだけが、真の信頼を勝ち取ることができます。
 
決して、表面的なテクニックで、楽に得られることはありません。
 
「あれ?よく知ってるね!」という業務部門には嬉しい驚きと、泥臭く真剣に業務と向き合う姿勢が、業務部門の心を動かすのです。
 
 
● 攻めの情シスの条件
田村も、様々な業界を情シスの立場でお手伝いしてきました。銀行、保険、不動産、医療、介護、流通…、そのたびに業務知識の「大きな壁」が立ちはだかりました。
 
業務部門から受領した「業務フロー」や「業務マニュアル」などの資料を、穴があくまで何度も読み返し、頭に叩き込みました。その業界自体が初めてであれば、専門書5~10冊を買って、読み込みました。
 
でも、その先に素晴らしい展開が待っていることを知っているからこそ、乗り越えられてきました。
 
情シスが「IT」と「業務」の両方を押さえたら、鬼に金棒です。業務部門から信頼されるに決まっています。その積み重ねが、情シスの存在感を高め、会社を引っ張っていく存在になっていきます。
 
御社の情シスは、業務の一線を越えられていますか?
それとも、自ら線引きして「受け身の情シス」になっていないでしょうか?
 
 
*************
 
⇒ IT部門/情シスの育成・強化支援のご案内はこちら

★コラム更新情報をメールでお知らせします。ぜひこちらからご登録ください。
情シスコンサルタント 田村昇平
IT部門の育成・強化を専門とするコンサルタント。ITプロジェクトの企画から導入・保守までの全工程に精通し、そのノウハウを著書「システム発注から導入までを成功させる90の鉄則」(技術評論社)で公開している。

page top