システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

COLUMN | コラム詳細

公開日 : 2018年8月22日
テーマ : 情シスコンサルタントの提言
第9話:IT部門/情シスのモチベーションを上げる方法とは?

●世の中のIT部門に共通する悩み
「ウチのIT部門はモチベーションが低くて困っている」
 
いろいろな企業のIT部門/情シスの責任者に「お困りごと」を尋ねると、ほとんどの方から返ってくる答えです。世の中のIT部門の悩み「TOP3」に入るのではないでしょうか。田村の感覚的には、大企業ほどこの傾向が強いと感じます。
 
具体的な理由は以下のようです。
・受け身で、言われたことしかしない
・仕事を依頼しても、忙しいと断られる
・前向き、積極的な提案がない
 
このようにIT部門のメンバーからネガティブな反応があるため、モチベーションが低いと感じるのでしょう。
 
このような場合、どのようにモチベーションを上げて行けばよいのでしょうか?そもそも、社員はモチベーションが低いのでしょうか?
 
 
●モチベーションの背景
ある企業のIT担当役員から「IT部門のモチベーションを上げてほしい」と依頼を受けました。
 
そこで、「IT部門は変化しないと生き残れない」と田村がミニセミナーで危機感を煽った後、IT部門の全員で「ディスカッション」をしました。
 
ディスカッションのテーマは
「IT部門で変えていきたいこと、変えていくべきこと」
です。10分間の考える時間を設けた後、各自に発表していただきました。
 
その結果に、田村は衝撃を受けました。
 
モチベーションが低いと言われていた社員から、改革のアイディアが次々と飛び出してきたのです。皆さん熱く語っていました。
 
手元のWordをプロジェクターで映しながら、田村は発言を記録していきます。3ページ以上に渡り、びっしりとアイディアが埋まっていきました。
 
その中で多かったアイディアは以下の通り。
・IT部門としてのビジョンを作る
・IT部門の役割を再定義する
・キャリアパスや評価基準を整備する
・担当業務(システム)のローテーションを計画する
・運用監視など単純作業はアウトソースする
 
これらには共通点があります。何でしょうか?
 
それは、これらの仕事は全て
 
『IT部門の責任者が行うべきもの』
 
ということです。
 
つまり、現状を生み出している原因は、責任者にもあったということです。
 
 
●上から見る景色と下から見る景色は違う
モチベーションはあっても、その向き先が決められていなければ、各自がバラバラの方向を向いてしまいます。非常にもったいないことです。
 
目指す方向を見失えば、有り余ったエネルギーが責任者の望まぬ方向に使われてしまいます。方向性のギャップから、責任者と社員で摩擦が生じます。やがて、部への批判や責任者への不満へとつながっていきます。
 
IT部門の責任者には、「モチベーションが高まるようなIT部門の設計」が求められています。
 
貴社では、IT部門のモチベーションが下がっていないでしょうか?その場合、責任者としてやるべきことがまだ残っていませんでしょうか?
 
 
*************
 
⇒ IT部門/情シスの育成・強化支援のご案内はこちら

★コラム更新情報をメールでお知らせします。ぜひこちらからご登録ください。
情シスコンサルタント 田村昇平
IT部門の育成・強化を専門とするコンサルタント。ITプロジェクトの企画から導入・保守までの全工程に精通し、そのノウハウを著書「システム発注から導入までを成功させる90の鉄則」(技術評論社)で公開している。

page top