システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

プロジェクトマネージメント支援

当サービスは以下の方を対象とします

  • 大規模なIT導入プロジェクトを予定しているが、失敗は許されない
  • 過去にITプロジェクトを行ったが失敗しており、今度こそ成功させたい
  • 自社メンバーはプロジェクトの「経験」が不足しており、不安が大きい
  • 部門を横断するプロジェクトのため、「交通整理」をして確実に進めていきたい
  • プロジェクトの事務局を設けて、課題管理、進捗管理、品質管理をしっかり行いたい
  • ITベンダーに振り回されず、自社が主導権をもって進めたい

システム導入プロジェクトの4分の3は失敗している

「システム導入プロジェクトの4分の3は失敗する」と言われています。

失敗の代表例として「コストオーバー」「スケジュール遅延」「品質不足」などが挙げられます。一方で、それらよりも深刻な問題があります。それは

システム導入の目的を達成できない」というケースです。

仮に「予算」と「納期」を完璧に守ったとしても、その先にある「売り上げアップ」「コスト削減」「競合との差別化」といった「導入の目的」が達成できなければ、全てが台無しです。目先の管理にとらわれて、本来の目的を見失ってしまう。このケースが非常に多く見受けられます。

では、プロジェクトは、なぜこのような失敗を繰り返してしまうのでしょうか?

それは、プロジェクトには専門ノウハウが必要だからです。

いくら業務に精通していても、「プロジェクトマネージメント能力」がなければ、容易に失敗してしまうのです。

<代表的な問題>
  • システムの導入目的が達成できず、大きな投資が無駄になってしまう
  • 経営層と事業部門とIT部門で足並みが揃わず、全社最適化が実現できない
  • 新システムが現場に定着せず「使えないシステム」とレッテルを貼られた
  • ITベンダーに振り回され、「納期」や「費用」が制御不能となる
  • 新システムの品質不足により、本番稼働後に障害が多発する
  • プロジェクトの本当の目的にこだわる

    プロジェクトを成功させるということはどういうことでしょうか?

    それは「システム導入の目的を達成する」ということです。

    「予算」や「納期」も重要ですが、それ以上に当社では「導入目的」の達成にこだわっています。特に社運を賭けたプロジェクトでは、この目的を達成できるかできないかで、全社的に大きな影響を及ぼしてしまうからです。

    プロジェクトの成功を積み重ねていくことは、「コストの最適化」「業務の標準化」でしっかりとした自社基盤を構築し、「新規事業の立ち上げ」や「他社との差別化」などを次々に取り組むことが可能となり、「成長の好循環」を生み出していくことになります。

    <代表的なメリット>
  • システム導入の「本来の目的」を達成する
  • 経営層と事業部門とIT部門がうまく連携して、「全社最適化」を実現する
  • 業務にフィットした新システムにより、現場の「生産性」が向上する
  • プロジェクトの予算とスケジュールを遵守し、高品質のシステムを導入する
  • プロジェクトの真の成功を強力にご支援します
プロジェクトの真の成功を強力にご支援します

    当社では、プロジェクトを確実に成功させるため、以下支援を実施します。

    • システム導入の目的にこだわったプロジェクト推進
    • 経営層と事業部門とIT部門の関係調整
    • ITベンダーとの関係調整やレビュー
    • 効果的な会議進行方法や準備などのファシリテーション
    • プロジェクトの各種管理(品質管理、課題管理、進捗管理、コスト管理など)
    • プロジェクトの客観的評価と定期的な報告(レポーティング)・・・等々

    当社は、発注側の立場で 「IT導入全工程のノウハウ」を独自に体系化しています。
    プロジェクトを「見える化」し、重要な経営判断がすぐに行える状況で進めていきます。

    page top