システム導入を発注側から支援する株式会社インフィニットコンサルティング

IT部門育成・強化支援

当サービスは以下の方を対象とします

  • 自社のIT部門は、事業部門の「下請け」と化している
  • 自社のIT部門は、いつも忙しくしていて、新しい仕事を受ける余裕がない
  • 自社のIT部門には、IT技術を活用した積極的な提案を行ってほしい
  • IT人材を外部に頼るのではなく、自社で育てていきたい
  • 経営層や事業部門に頼られるIT部門を作っていきたい
  • ITベンダーに振り回されずに主導権を握る「強いIT部門」を作っていきたい
  • IT部門としてのノウハウを標準化し、質を底上げしたい
  • システム障害が多発しており、全社的な品質改善に取り組みたい

IT部門が弱いと様々な問題が発生します

IT部門が弱いと、どのような問題が発生するのでしょうか?

IT部門が弱いということは、IT導入に関して全社的な統制がとれない、ということです。「全社最適化」が行われず、社内で不整合なシステムが乱立していきます。IT部門がネックとなり、プロジェクトをスピーディに進められなくなります。

そのため、事業部門はIT部門に頼らず、独自にITベンダーとシステム導入を行うようになります。しかし、ITの専門知識がないため、ITベンダーに振り回され、費用やスケジュールをコントロールできなくなります。周辺システムとの不整合やセキュリティリスクも発生していきます。

事業部門が構築したシステムは、保守だけをIT部門に押し付けるようになります。IT部門はシステムの背景や業務を十分に理解しないまま、非効率なシステムの運用と保守で手一杯となります。品質も不足しているため、障害が多発し、IT部門は対応に追われます。残業しても追いつかず、IT部門の人件費は膨大になっていきます。

次第にIT部門からは積極性が失われ、新しい仕事を引き受けなくなります。当然ながら、新しいIT技術を用いた事業提案など皆無です。

事業部門からの信頼性はますます下がり、さらに外部ベンダーへの依存が高まっていきます。

つまり、ITを起点として、社内の悪循環が加速していきます。

IT部門が強化されると、業務改革や新規取り組みが容易になります

では、IT部門を強化すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

IT部門を強化するということは、ITを通じて経営方針を具現化するための「実行力」と「スピード」を手に入れるということです。つまり、強いIT部門は、企業の成長を長期的に支えていくことになります。

強いIT部門は、IT導入に対して全社的な統制をとり、強固な事業基盤を構築していきます。その上で、「競合他社との差別化」や「事業拡大」「売り上げアップ」など、「攻めのIT」にIT部門が積極的に関与していきます。

強いIT部門は、経営層や事業部門の要求を融合させ、全社最適化を実現してきます。その計画をもとに、業務改革プロジェクトを力強くスピーディに実行していきます。

強いIT部門は、ITの開発/運用/保守など「トータルコスト」を見直し、生産性や利益を追求していきます。「セキュリティリスク」に対しても、適切な対策を継続していきます。

また、強いIT部門は、ITベンダーに振り回されることなく、常に自社で主導権を握ることができます。「ベンダーの選定」や「システム提案」に対して的確な判断を行い、プロジェクトを確実に推進していきます。

IT活用で企業を加速させる専門部隊、それがIT部門の真の役割といえます。

強いIT部門に必要なノウハウを全て提供します

強いIT部門に必要なノウハウを全て提供します

当社では、企業を加速させる「強いIT部門」に必要な以下ノウハウを全て提供します。

  • ITプロジェクト管理ノウハウ(コスト管理、品質管理、課題管理、進捗管理など)
  • IT部門としての対応姿勢や心構え、考え方
  • 経営層や事業部門との調整ポイントや方法
  • ITベンダーとのコミュニケーションやレビュー方法
  • ITに関わる開発・保守・運用コストの圧縮方法・・・等々

当社は、発注側の立場で 「IT導入全工程のノウハウ」を独自に体系化しています。
最初の1回目だけは、当社と一緒にプロジェクト導入を行いますが、2回目以降は当社の支援なしでも、自社の社員だけでプロジェクトを確実に推進することができるようになります。また、プロジェクトを特定せず、一定期間、複数のプロジェクトを通じてノウハウを引き継ぐことも可能です。

page top